忍者ブログ
  krbs      sss   復活   復活2
09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


特になにかあったわけでもないのだけどなんだか急にさびしくなって、本を読んでいる千種の服の裾を掴んだら、千種は淡々とした感情のない声で「なにかあったの」と呟いた。私はなにも答えないで、黙ったままシャツの裾を握る手に力を込めた。きっとシャツは皺になってしまうだろう。それでも手を離すことなんてできない。一度握ったものをはなすということはとても勇気のいることなのだ。馬鹿みたいに必死に離さずにいると、千種は読んでいたページに藍色のリボンのついた栞を挟んで、溜息をつきながら本を閉じた。眼鏡の位置を人差し指で直しながら「どうしたの」と私に視線を向ける。闇の底みたいな黒色の瞳には矢張り感情の欠片も見当たらないのだけど、それでも心配してくれているんだと感じて泣きそうになった。

こわいよさびしいよそれはだれのせい
PR
この記事にコメントする
名前
URL
本文
パス   
PREV  HOME  NEXT
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)