忍者ブログ
  krbs      sss   復活   復活2
12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日も楽しかったな。幸せです。そんなことを思いながら眠りに落ちる。意識を手放そうとしたときに、半分既に眠っている耳が優しい旋律を聞いた。英語ではなくましてや日本語でもない、知らない言語で紡がれるそれは子守唄だろうか。ビアンキさんにしては高い声だ。必死に眠気と戦いながら重い瞼を持ち上げて歌い手を探す。薄暗い部屋の中、テーブルに肘をついたM・Mが目に入った。そうか、彼女の声か。そういえばハルはM・Mが何処の国出身なのかも知らない。今度聞いてみようかな、そんなことを考えながら優しい歌に聞き惚れる。
「きれい、ですねぇ」
思わず呟けば、M・Mは起きているとは思わなかったと言わんばかりに困惑した表情でこちらを見た。旋律が途切れてしまったことが残念で、黙って聞いていれば良かったかなとほんの少し後悔した。
「歌の意味はわからないですけど、素敵な歌です」
言って、くっつこうとする瞼を持ち上げて彼女を見る。余程私が眠そうに見えたのか、M・Mは「眠っちゃいなさいよ」と苦笑いを浮かべた。きれいな笑みを見届けてから目を閉じる。(寂しそうにみえたのは気のせいだったんでしょうか)再開された旋律に、疑問は打ち消される。穏やかな旋律はゆらゆらとまどろみに溶け、心臓の音と混ざっていく。緩やかに夢の世界に落ちる寸前に「おやすみなさい」と淀みない綺麗な日本語が聞こえた。



PR
この記事にコメントする
名前
URL
本文
パス   
PREV  HOME  NEXT
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)