忍者ブログ
  krbs      sss   復活   復活2
09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


綱吉とXANXUS。多分未来。




「死ぬなよ」
「死なないよ」
「驕りは死につながるぞ」
「はは。相変わらず厳しいね、XANXUSは。というかそれを君が言うの」
「・・・・・・・」
「そんな怖い顔をしないでよ。茶化すつもりはないんだ。俺はいたって真面目だよ」
「どうだかな」
「つれないね」
「手前に付き合ってやる道理は俺にない」
「確かに」
「・・・・・・」
「ねぇ、さっきの死なないって言葉だけど、訂正するよ」
「・・・・・・」
「俺は死ねないよ」
「・・・・・・」
「だって俺は」
「・・・・・・」
「みんなにまもられるために生きていないと、いけないだろ?」
「・・・だから手前はカスだってんだ」
「ええ。スクアーロと同列?あ、でもスクアーロはXANXUSの中で上位にいるから結構いいってこと?」
「いい。お前やっぱり死んでこい」



この命は俺以外のために

ふと思った。10年後に綱吉が10代目になっていたら獄寺君たちは部下になっているわけで。かれらは自分の命に代えても綱吉を守りたいわけで。だとしたら綱吉は彼らのためにも死ねないよなぁ、と。自分で死んでもいいと思っていても誰かを想うと死ねないって微妙だ。自分がいなくなったら生きられないひとって本当はいないかもしれない。なんだかんだいってなんとかいきていってくれるんじゃないかとか。そう言う意味での癒えない傷はないだろうなんて考えたりもするけど。そしてXANXUSと綱吉はなんだかんだいって対等に近い存在だといいなって話。
PR
この記事にコメントする
名前
URL
本文
パス   
PREV  HOME  NEXT
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)