忍者ブログ
  krbs      sss   復活   復活2
12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



髑髏と綱吉。
1年くらい前に書いたのを発掘。






「たとえば、夢や幻ではなく」

「生身の骸様がそばにいてくれたなら」

「わたしはもっとしあわせかもしれない」

私は我儘だからひとつ幸せを手に入れると新しい幸せが欲しくなるの。ねえボス。骸様を仲間外れにしないであげて欲しいの。ソファでうたたねをしているボスの手を取り両手で包んだ。伝われ、伝われ、と祈りを込める。

「…髑髏?」
「…ボス」

うっすらと目を開けたボスが不思議そうに私を見つめている。寝ぼけ眼に不安そうな自分の顔が映る。言ってしまおうか。言ったら叶えてくれるだろうか。叶えてくれることを望んでいるくせに戸惑うなんて矛盾している。この人は優しい。優しいからきっと私の我儘のために力を貸してくれるだろう。だけどそれを骸様は望むだろうか。そんなことを考えるといつもどうにもならなくなるのだ。


願いは宙に浮かんだまま


PR
この記事にコメントする
名前
URL
本文
パス   
PREV  HOME  NEXT
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)